コメント

伊集院静さん(原作者)

人はこの世に生まれた時から、別離をくり返してしまう運命にあるものです。

別離と書くと、悲しいもののように思えますが、悲しみ、哀しみは人が生きて行く上で逃がれようのないものです。

この物語は、もう二十年近く前に書いたものです。私はまだ若く、小説の中に自分の生きて来た軌跡(経験と言ってもいいでしょう)がどこかに影を落としていたように思えます。そんな中で、若い編集者と、次はどんな小説を書こうか、という機会がありました。その時、その若い編集者は、彼の大切な人を亡くし、ひどく落ち込んでいました。

「どうだろう?人と人の別離を書いてみたら?」すると彼は少し顔を曇らせました。
私は言いました。「別離がテーマなのだけど、最後は何かまぶしい光が見えるような、希望が見えたのではないか、というような小説はどうだろう?」
彼の顔がかがやきました。

(中略)

私は少年の頃、野球に出逢って、家へ帰ると勉強もそっちのけで、原っぱへ走り出す少年でした。そんな時、家にいた何匹かの犬のうち、私と仲の良かった犬が必ず野球をする原っぱについて来ました。  “シロ”と言う名前で、とても忠実と言うか、少年の私をずっと見守ってくれているようなところがありました。その“シロ”の思い出を小説の中に込められればと思いました。

さて物語の中で、もう一人の主人公であるフセ老人が最愛の息子さんを海難事故で亡くしています。実は、私も若い時に、たった一人の弟を海難事故で亡くしました。

(中略)

この物語を書いた時に、大切なことは、自分のもとから、誰かのもとからいなくなった人やペットは、その人が忘れないでいれば、ずっと生きているということです。

映画作品の試写を見て、ルーという犬がどこか“シロ”に似ているのに驚きました。サヤカちゃんのルーへ向ける目や、表情が何だか遠い日の自分を思い出しました。

こうして文章を書いてみると「駅までの道をおしえて」は、私にとって大切な作品のひとつだったのだとあらためて思いました。

「駅までって、どこの駅ですか?」と問われたことがあります。
それはあなたが出発し、帰る場所なのではとも思っています。

クミコさん(歌手)

最後のシーンで、伊集院さんの哀しみが心に迫った。
そうなのだ、これは「去る者」と「残る者」がじっと見つめ合う映画なのだ。

長友心平さん(画家)

これほど「色」に包まれた映画は見たことがない。
かすかな色の少女と犬が出会い、四季折々の色や叙情的な色が生まれ深まっていく。
どこまでも透明に。別れすら美しい色に。

渡邊真人さん(枻出版社『RETRIEVER』編集長)

自らの死すら愛する誰かのために捧げることで、
自らの存在を愛する誰かにつないでいく……。
原作にはない最後の台詞に、大切な何かを想像せずにいられない。

浅田美代子さん(女優)

少女と犬、少女と老人の友情。
それは誰も入り込むことの出来ない強い強い絆。
温かな感情と共に涙が溢れる...
ルーと保護犬だったというルースの笑顔が幸せを語っている。

杉本彩さん(女優、公益財団法人 動物環境・福祉協会Eva 理事長)

不思議な時空の中で鮮明に描かれる少女の心に引き込まれた。
愛犬ルーとの絆と、二人を取り巻く人々のやさしさが心に沁みる。
切なくて、温かくて、深い愛を感じる素敵な物語。

※順不同

とても素敵な映画でした。開始3秒ぐらいから涙、涙でした。家にいるワンコに今すぐに会いたい。
帰ってから思いっきりハグしてあげたい。いろんな人達の心にひびく作品だと思います。

40代 女性

涙なしでは見れない映画でした。生と死、愛しい人、犬との生活を経験した人たちにはとても共感できる場面が沢山ありました。

30代 男性

大切なものを失くした時のかなしさと、それをのりこえるためのヒントができました。

40代 女性

多くの人と共生していく事のすばらしさ。生きるっていいですね。明日からも楽しく行きます。

20代 女性

久しぶりに心揺さぶられる映画を観ました。身近な人々を大切に思いながら生活していきたいと心しました。

40代 女性

大切な人、生き物との別れはつらいですが、それを乗り越えるのもその人なのだと思いました。
始終、涙と鼻水が止まらなかったです。

20代 女性